シンプルでナチュラルな生活をしよう〜 Simple&Natural

酸化・還元

酸素による”古典的な”定義

酸化:酸素と化合する反応 2Cu+O2→2CuO
還元:酸素が脱理する反応 CuO+CO→Cu+CO2

これが一番最初の定義です。

水素による定義の追加

水素が失われる事も『酸化』であり、
水素を得る反応が『還元』であると

定義が追加されました。

電子による”普遍的な”定義

化学界に革命が起きました。

酸素と化合することと、水素が脱離する事が『本質的に同じ事』

と言うことが分かったのです。

その革命とは『原子の構造の解明』です。

「どうやら結合ってのは、電子を媒介して作られてるようだよ!」と言うことと、

「電気陰性度が大きい酸素が結合すると、結合相手の原子は酸素に共有電子対を引っ張られ、電子を失うようですね。!」と言うことが分かったのです。

酸化還元反応 定義

今までの考え方だと、水素は酸素と化合するから酸化反応だな!と思われてきました。

ですが、電気陰性度を使って考えると、
酸化還元反応 定義

水素は酸素に電子を奪われます。また、酸素は水素から電子を得ます。

酸化還元反応 定義

この青枠までが全て酸素の持ち物と言う風になるのです。

原子の構造の解明によって

『それぞれの原子の電子を用いた』

例外無しの普遍的な定義が生まれました!電子による定義をまとめると、

酸化:電子を失う反応

還元:電子を得る反応

酸化剤と還元剤

酸化剤は相手を酸化する。つまり、相手から電子を奪ってくる、のが酸化剤の役目です。

酸化剤の反応

酸化剤の反応

還元剤は相手を還元する。つまり、相手へ電子を与える、のが還元剤の役目です。

還元剤の反応

還元剤の反応

よって酸化還元反応とは、この2つをつなげて、

酸化還元反応 定義

酸化還元反応 定義

これが最重要定義です。

化学受験テクニック塾 より

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.